1年間無事故でも値上げになる状況とは

| 未分類 |

自動車保険(任意保険)は、強制加入の保険ではありませんが、ほとんどのドライバーが加入しているものです。自賠責保険では補いきれない部分を補償してくれる、大事な保険なのです。
自動車保険は更新型の商品となっており、1年ごとに更新となるものや、複数年ごとに更新するタイプがあります。一般的に、無事故で1年間経過した場合、翌年の保険料は安くなるというシステムになっています。しかし、場合によっては値上げすることがあるのです。
なぜ保険料が上がることがあるかというと、保険料の金額を決める要素の一つとして、料率クラスが関係しているからです。料率クラスというものは車種によmobile02_l.って異なっており、毎年見直されています。
自分の運転する車両の車種に関して、自動車事故や盗難などのトラブルが増えている場合、リスクが高い車と評価されてしまいます。その結果料率が上がり、保険料も値上げするという仕組みになっているのです。
自分が事故を起こしていなくても、同じ車種に乗った他のドライバーが事故を起こす確率が高まっていれば、保険料は上がります。人気車種の場合、その危険性があるとも言えるのです。保険期間中に車を乗り換えた結果、保険料が高くなってしまうというケースもあり得ます。