値上げ理由とその背景

| 未分類 |

通常自動車保険に加入すると、それぞれに等級が割り振られます。そしてもし1年間無事故であれば等級が上がり、事故を起こせば一気に3等級ダウンしてしまいます。等級が上がれば上がるほど、保険料の割引率も大きくなるので、通常無事故であれば翌年の保険料は安くならないといけません。
しかし一部等級が上がっても、保険料が値上がりしてしまうこともあります。なぜこのようなことが起きるかというと、まず保険会社の経営状況が関係しています。収支が悪化している場合、被保険者の保険料を引き上げることで負担を共有してもらわないといけなくなるので、保険料が上がってしまいます。mobile04_l.
また損害保険料率算出機構では、いろいろなデータをベースにして事故を起こす確率を分析し保険料を決めていきます。この中で最近問題になっているのが、高齢ドライバーの問題です。高齢者が運転をすると若い人と比較して判断能力が鈍くなり、事故を起こす可能性が高まります。
このため、高齢者の方の場合、一切無事故で等級が上がったとしても保険料が上がってしまう恐れがあります。このように等級以外のファクターで、自動車保険の保険料が上がってしまうケースも十分ありうることをあらかじめ理解しておいてください。