自動車保険業界は少子高齢化や大国の経済危機による市場の混乱に加え、東日本大震災の発生で支払いが増加し厳しい環境になっています。2011年1月には大手保険会社各社は保険料を値上げすることを発表しました。
等級据え置き事故も1等級ダウン事故に変わり、事故有等級に認定される件数も増えることから今後も厳しい状況は続くという見方が強いです。そのため、大手保険会社を中心とした大型合併も行われ、業界全体で再編の動きが活発化しています。
そういった流れを受け、通販型の保険がシェアを拡大しています。テレビCMでよく見掛ける通販型の多くは店舗を持たず、インターネット上で契約を行うこmobile01_lとでコストを減らし、着実に認知度を高めながら市場の拡大を計っています。
その背景には、利用者の利便性の向上もあります。複数の会社の保険料が比較しやすい一括見積もりサイトや、インターネット契約による割引サービスなど手軽で割安なサービスの提供により年々その契約件数を増加させています。
これからも厳しい状況は続くと見られますが、利用者はいくつかの会社を比較したり受けられる割引を最大限利用して、自分に合った割安な保険を選ぶ知識と工夫を身に付けることが重要だと言えます。